はじめに

助成金は、雇用保険の適用事業所であればほとんど業種を問わず活用できるものです。

しかし、「ちょっとした事を知らないばかりに本来もらえるはずの助成金がもらえなくなる」という事態も多数発生しています。

ここでは、「助成金活用のポイント」から「目的別の助成金」まで解説していきます。

助成金活用のポイントから目的別の助成金について

「雇用関係の助成金」は、雇用保険に加入している企業が納付している雇用保険料から支払われていることから、助成金は企業としてもっと積極的に活用すべきものです。

また、助成金の受給要件にあてはまるにも関わらず、助成金を申請しないのは非常にもったいない話です。

助成金を受給するためには、以下のポイントが重要です。

1.助成金に振り回されない

助成金を受給するために制度を作ったが、結局要件に当てはまらずに受給できなかった・・・

ということもあります。

助成金目当てに○○しようではなく、○○するために助成金を活用しようというスタンスが大切です。

助成金を受給するために、会社本来の活動がおろそかになってしまってはいけません。

2.申請期限に注意

原則として、申請期限を過ぎての申請は一切受け付けられません。

また、ほとんどの助成金は事前に計画届を提出していないと、助成金の施策を実施したにも関わらず申請できないなど、タイミングを間違えてしまうと受給できないため注意が必要です。

3.申請をして初めて貰える

一部の助成金を除き、行政から助成金に該当する旨の連絡はありません。

ですから、会社自身で申請できるかどうかを確認し、その上で申請をしなければなりません。

その為、日頃から助成金の最新情報をチェックしておく必要があります。

弊所では、お問合せいただいた皆様にとって、最適な助成金情報をご提供いたします。

今すぐお電話下さい!

080-1308-4997

メールでのお問合せはこちら

助成金の手続きは大変?

助成金の手続きは難しい事が多いです。

助成金は国の施策をいかに会社が運用して行くかが、問われます。
受給条件は雇用保険・社会保険の納入、正社員または有期契約社員を1名以上雇用している(親族、役員、永住権がない外国人を除く)、6か月以内に会社都合の解雇をしていない事業主が対象になります。

あくまで助成金は国の施策のため、労働基準法に基づいた会社運用がされているか厳しくチェックが入ります。
ですので提出書類は現在の会社運用と提出する書類の相違がないかも重要なポイントになります。

条件を満たしている企業でも残業代未払い、最低賃金以下で会社運用をしていると受給は出来ません。
なので受給するには一度会社を見直してから国に提出する書類を作成する必要があります。

当社では会社で行うには大変な助成金手続きを全面サポート致します。
助成金の制度は知っているけど、手が出しづらい企業様はまずはお気軽にご相談ください。

助成金によって手続きの流れは違う?

助成金によって流れは変わります。

それぞれの制度によって実施する期間、内容、必要書類が全く違うからです。

まず、書類は全て助成金、目的に応じた証明書類が必要になります。

福利厚生に関わる助成金はその取り組み内容がわかる書類、雇用形態にに関わる制度は雇用形態がわかる書類、出産に関わる制度は産まれた子供に関わる書類、など制度によって提出する書類が違います。

期間は、子供が産またタイミングがスタートのものであったり、福利厚生を良くするなどの内容が全く違うので流れも変わります。

上記内容の通り、必要な書類が制度ごとに違うため、一つの会社が5つの制度を取り組むと
それに応じて書類の案内、制度の案内が必要になります。

◇助成金がもらえない場合は費用は頂戴しません。